「ほっ」と。キャンペーン
大工さんです。
e0037166_203264.jpg自分では記憶に残って
ないのだけれど、
その頃を一緒に
過ごした友人から
「こんな事やってたね」

記憶をもらう事がある。
その中には
「ほお」と思うような
記憶が紛れていることもある。

で、今回友人からもらった
私の思い出。高校時代の話

その頃私たちは受験生で、
先生は、「職業差別」というテーマを交えながらの
面接での受け答えを話題にしていた。

要約すると

「父親の職業は、何ですか?」
と面接で聞かれた際、それは答える必要はない。
なぜなら君の面接の合否に父親の職業は関係ないだろ?


と、いうのが話の本筋だった。
そこまで先生は話した後、私を指名し、
「上村のー、お父さんの職業は何だ?」
と聞いた。なんて分かりやすい!おさらいのつもりだ。

そこで私はスッと立ち

「はい!大工さんです!(≧∇≦)/」

と答えた(らしい)
先生ポカーン!(らしい)

「上村は…先生の話を聞いてーいましたかー?」
「はい!聞いてました!」
「じゃあー、なぜー答えたー?」

「誇りに思っているからです!」(と、言ったらしい)

そこで友人は「『ああーなるほどー』とちょっと思った。
それでおちるような学校や会社はこっちから願い下げやもんな。」

という、実に聡明な受け取り方をしてくれていたが
本当のところはーうーん

やっぱり話聞いてなかったんじゃないか。俺。


でも、父が大工だっていうのは本当に尊敬していて
自分もささやかながらも何かを作る人になった今
後になっても「これ俺創ってんぞー」と言って恥ずかしくない
ものを作ってきた。という事はやっぱりすごいのである。

この写真は奈良公園内にある父が作った休憩所で
たくさんの愛の言葉なんかの落書きを刻まれながら
恥ずかしがらずにそこにありました。とさ。
わたしはまだまだだなー。
[PR]
by yasjiji | 2006-05-19 21:03
<< 煙突 あのひこうき雲を >>


Top

上村恭子です。奈良の絵描きです。毎度有難うございます。はじめましての人はどうぞヨロシクお願いいたします。
by yasjiji
カテゴリ
HPはコチラ
戯れ童子
http://space.geocities.jp
/yasjidoukan/

ギャラリーなどございます。


やすじじonツイッター
http://twitter.com/yasjiji

最新情報等はコチラで告知することが多いです。よろしくお願い致します。
以前の記事
ツイッター
お気に入りブログ
検索
画像一覧


Skin by Excite ism