素晴らしい日々と月の下<CDジャケット>
THE48sのファーストアルバムのジャケットを描かせてもらいました。
e0037166_081551.jpgTHE48sという
インディーズバンドの
事を知ったのは、
彼等が
ソウルフラワーの前座で
出ていたからだった。





開演前。
彼等は物販でちんまりと
Tシャツの販売と音源CDの無料配布をしていた。

私はそのTシャツのデザインが気に入って、
購入したいと申し出ると、
制作中なので後日代引で送らせてもらいますという。

ライブが始まる。
THE48sのボーカルの声と曲の感じは、かなりいい感じだった。
前向きで熱くて、そんで切なかった。

後日、来たTシャツは
フツーの元払いの宅急便だった。
他にもDVDとか、色々入っていた。

添えてあった手紙には
「代引の手配が出来なかったので、お代はもう結構です。」
という旨

それよりも
あの完全アウェイな状態の中で
声を掛けてもらったのが何より嬉しかった
という事。

そういう感謝の気持ちを主に
ツルツルと綴られていた。

この人ら…アホやなあ!
と思った。(いい意味で)

バンT、タダで送ってどないすんねん。
この借り、どないして返そうか。

それから、数ヶ月
その借りの事もうっすら忘れかけた頃(ひどい)

彼等から一通のメールが来た。

今度出すアルバムのジャケットをお願いしたい。
という。

しかも今回はちゃんとモノとして出すCD

嬉しくて
嬉しくて
ドキドキした。

そのメールには
自分達がどれだけ今度のアルバムに
力を入れているかが書かれていた。

それは私のジャケットでいいんですか?と
聞きたくなるよな、熱の入れようだった。

そんなやり取りで始まって、出来上がった彼らの最高傑作を、
昨日、やっと手にした。

ジャケットは私が描いたデザイン。
私が描いたデザインだー!

嬉しくて
嬉しくて何度も電車の中で見た。

中身は、やっぱり、前向きで熱くて、切なかった。
彼等はこのアルバムに悔いはないと言っていたが、
なるほどこれはいいものです。

なんでか
私が今まで聴いて来た、好きな歌の事をたくさん思い出した。

そんな彼等の最高傑作に、私のジャケットを着せてくれて、
本当に、こちらこそありがとうございました。

THE48s
http://happytown.orahoo.com/the48s/
[PR]
by yasjiji | 2008-12-08 00:15 | こんなお仕事しました
<< 音楽配信用ジャケット チューリップのアップリケ >>


Top

上村恭子です。奈良の最北端から最南端へ。最近はtwitterでのつぶやき多めです。
by yasjiji
カテゴリ
HPはコチラ
戯れ童子
http://space.geocities.jp
/yasjidoukan/

ギャラリーなどございます。


やすじじonツイッター
http://twitter.com/yasjiji

最新情報等はコチラで告知することが多いです。よろしくお願い致します。
以前の記事
ツイッター
フォロー中のブログ
検索
画像一覧


Skin by Excite ism