<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ぬこ
e0037166_9442219.gif『ぬこ』っていう
ネット用語がある。


いわずもがな『ねこ』の事なのだが
ぬくぬく〜とした温度を感じられるのが
いいのか、ちょっと良いな、
と思う遊び言葉だ。(´∀`)

ネット用語って言ったら
『OTL』とか『自宅警備員』とか『スイーツ(笑)』など
なんだか仲間内でコソコソ笑い合ってる
嫌なイメージがあったりするけど、
この『ぬこ』は特別(´∀`)

『ああっ!ぬっぬこ!ぬぬぬぬこーーー!!』
って感じの『ネコに遭遇した興奮感』がでてるのもいい。
ひらがななのも、いい。
ぬこぬこ(´∀`)



e0037166_2133369.gif
↑クリックいただけるとうれしいです(´∀`) 人気ブログランキングへ
[PR]
by yasjiji | 2008-02-27 08:34
チェーン店に見る愛郷心
e0037166_19393485.jpgもう、だいぶ前の事になるが
近所にコメダコーヒーという
喫茶店が出来た。

名古屋発祥のちょっとレトロなその珈琲処は
(珈琲処、と実際書いてある。)
コーヒーを頼むとナッツのお菓子がついており
朝はモーニング、としてトーストとゆで卵がつく。
いかにも名古屋な喫茶店。

まあ、奈良人の私にとってはそれだけの事であった。
長靴のカタチのグラスに入ったメロンソーダや
シロノワールというパン菓子もそれなりに魅力的では
あったが、「ああ、おもしろそうな喫茶店ができたなあ」
くらいのもんであった。

しかし、これ、名古屋人にとっては違うんだなあ。

「あそこにコメダ珈琲出来たよね。」と教えると
「どどどどどこに!?」 ってーくらいの食いつきよう。
「『サマージュース』ってのが美味しかった」と褒めると
「だろだろだろだろだろ!?」 ってーくらいの喜びよう。

かわいい。

また別の名古屋人に
「家の近所にコメダ珈琲が出来てね。」と言ってみた。
その子は心底羨ましそうな表情で「いいなー!」と言った。

チェーン店に見る郷土愛。

そういえば、京都駅ビルの『京都拉麺小路』には
熊本ラーメンの『桂花』が入っていて、
それを見た九州出身の友人は
「ああー!」といって突撃したが
後日、その桂花がなくなった、と聞いて
「あああああああー!」と落胆したのだったっけ。

私ももし、他所の土地で生活していて、
「彩華ラーメン」とか見かけたら
「ああー!」って
叫ぶと思うし。
ほんでもって頻繁に食べに行くと思うし。

味って愛郷にとっても密着していておもしろい。
母の味ほどではないにせよ。





e0037166_2133369.gif
↑クリックいただけるとうれしいです(´∀`) 人気ブログランキングへ
[PR]
by yasjiji | 2008-02-20 19:49
INFOCUS exhibition 2008
e0037166_2057388.jpgINFOCUS exhibition 2008
http://www.oneflow.co.jp/
infocus-exhibition/


というWeb上の展覧会に
ただ今、出展中です。

さすが『Web展覧会』とあって、
なかなか凝った作りのサイトになっていて
とても楽しめますのでどうか皆様お立ち寄り下さいませ。

ちなみに上村恭子はBギャラリーの
左上から二番目におります。
よろしくお願いいたします。

INFOCUS exhibition 2008 トップから
見れない方はコチラ→    
<4点出展中です>

今年の初め、『細かい絵を描いてみる』をモットーにして
すぐの製作、という事もあって、
今回出展中のうちの2点の作品は素材等をまったく使用せず、
柄もすべて手描きで描きおこしてみました。

今回はこの展覧会とリンクしてTシャツの販売も
行っておりますのでどうぞそちらもヨロシクお願いいたします。





e0037166_2133369.gif
↑クリックいただけるとうれしいです(´∀`) 人気ブログランキングへ
[PR]
by yasjiji | 2008-02-13 21:07 | こんなお仕事しました
母校
e0037166_108927.jpgあの運命の願書を出しに行った日も
確か雪だったと思う。

美術科があるというその私立高校は、
毎日通うには少々辛い距離に思われた。

それに家の近くにも美術科のある高校が
しかも公立でちゃんとあったものだから
そっちを受験する事は至極当然の事であった。

ついでに言うと私立のその高校は
専願なら行けるが併願なら無理だろう。という
診断が私には下されていた。※

「すべりどめ」としては役に立たないその高校を、
受ける理由が私にはもう見当たらなかった。

なぜか担任の先生だけが
「上村さんだったら併願でも絶対受かると思う」
と断言してくれた。

無責任だったか。
買いかぶられていたのか。
何らかの理由で自信があったか。

とにかく、その言葉に勇気づけられたか
願書を提出。あまりのその地方の寒さに
「できれば通いたくないな…」なども考えていた。

はたして担任の言葉通り、私はその高校に受かり
そして
本命の高校は見事に落ちた。

本当はあと美術科の無い公立を受ける予定で
願書の準備までしていたのだが

急に美術科の無い高校に行く事が
すごく無意味な事に思えて
そのすべりどめの学校に行きたい。と
人生最大のワガママを親に告げた。

私立に通う余裕は我が家にはなかった。

しかし弟は「俺は高校に行かないから」と言った。
父は家を建てる時に見る方角の参考書を見ながら
「その高校の方角は、お前、確かにいいぞ」
と、励ましてくれた。

今、その母校の同窓会の幹事をしている。
えらい事になった。という焦りと
ああ幹事やって良かったなあ。という気持ちと
行ったり来たり。
みんなが私の事を覚えてくれている、という事が
心の支えだ。

私は高校時代で始めて主張する事を覚えた。
それの加減が効かなかったせいで、随分はしゃいで
毎日をすごしていた。

母は
「あの学校に行って本当に良かったね」

今でも言う。




※専願…「合格後はほかの高校を受験せずに、必ず、入学する」という確約のもと、願書を提出する制度。受験の際に点数が加算されるなど、受験生に対して優遇措置が取られることが多い。





e0037166_2133369.gif
↑クリックいただけるとうれしいです(´∀`) 人気ブログランキングへ
[PR]
by yasjiji | 2008-02-10 10:19
君は本当はもっとすごい事を考えているんだろう?
e0037166_13353349.jpg例えば
君はとっても素敵な事を
思いついたとする。

それはどうしても人に伝えたい事だから
言葉なり、絵なり、写真なり、企画書なりで
アウトプットする。

そういう時、ちゃんと100%きれいにアウトプット
出来てますか。

私の場合、だいたい三割引。
絵の事となると五割出たらいいほうである。

君だって
君だって本当はもっとすごい事を考えていたんだろう?

あとは受け手のインプット能力に頼る事になるんだけれど
このインプット能力がもっそい(もんのすごい)人が
たまにいらっしゃる。

50%の入力で120%取り込める人。

ちょっとした感動です。

でも、私が気になっているのは
50%の入力で、一応100%取り込んでんだけれど
なんだかあとの50%はどうもこっちが予想もつかないようなモノで
補ってるような感じの人の事。

まあ、世間ではそれを『誤解』と呼ぶのですが
それほどの迷惑でもない『あとの50%』のほうが多いでしょ。
それって何で出来ているのかなあって思う事がある。

…うーんどうしてもアウトプットを100%したいが為に
まわりくどくなっていけないね。

えーと、例えば自分がとても面白かった映画の話を友達にする。
友達はその映画を観た事が無い。
観た事がないけど行く予定も無いので、
どんな映画か教えてよ。という。

で、あなたは話すわけですな。
その自分が感動した程のすごい映画の話を。

で、それを聞いてる友達の頭の中は
自分の知っている景色で補った
まったく違う、もう一本の映画が出来てるんだろうなあ。
と、いう話。

それをむしろ見てみたい。と、いう話。
もしかしたら、私が感動したものよりも
もっと素敵なものがあるかもしれないもの。




e0037166_2133369.gif
↑クリックいただけるとうれしいです(´∀`) 人気ブログランキングへ
[PR]
by yasjiji | 2008-02-05 13:43


Top

上村恭子です。奈良の最北端から最南端へ。最近はtwitterでのつぶやき多めです。
by yasjiji
カテゴリ
全体
お知らせ
こんなお仕事しました
フルコトばなし
イベント案内・報告
イラスト
未分類
HPはコチラ
戯れ童子
http://space.geocities.jp
/yasjidoukan/

ギャラリーなどございます。


やすじじonツイッター
http://twitter.com/yasjiji

最新情報等はコチラで告知することが多いです。よろしくお願い致します。
以前の記事
ツイッター
フォロー中のブログ
検索
画像一覧


Skin by Excite ism