<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
みみなし
「耳成」と書いて「みみなし」と読みます。
そういう地域が奈良にあります。
e0037166_2374363.jpg

「耳成地域学級」という地域学習の活動をしている団体があって、
そのホームページを作らせていただいた。

その名もみみなし地域学級

まず最初にHPの原稿として、
学級生のみなさんの調べてきたファイルを見て驚いた。

街のためにがんばっている人たちがたくさんいる事。
自分の住む町が大好きな人たちがたくさんいる事。

特に「みみなしのみどころ」は私的にオススメです。

そして、最後の重要な仕上げとして
学級生のみなさんに、「ブログの書き方」
というものを教える事になった。

やはり生の情報を知りたいから、
ココは重要なページとなる。

しかし
学級生のみなさんは高齢者も多く、
パソコンをさわるのもはじめてな人たちばかり。

パソコンを立ち上げる所から
丸々3回同じ授業をした。

みなさんが自主的に書き出してくれるまで
4ヶ月かかった。

最後の授業
ある生徒さんは

「とっても面白かった。世界が広がった。ありがとう」

と言ってくれた。
また別の生徒さんは

「長生きはしてみるもんですなあ。生きがいが、また出来た(笑)」

と言ってくれた。

うれしかった。

しかも

写真を載せるなんて、
とても無理だろうと思っていたのに
最近の日記にはサクランボの木や
つくしの写真が春を伝えていて

立派なもんだ
と、
またとてもうれしくなった。
[PR]
by yasjiji | 2008-03-22 23:09 | こんなお仕事しました
ほしいものはほしいといえるように
e0037166_13212720.jpg甥っ子とお義母さんと
東京で3日間
過ごして気づいたが。
私は子どもに相当甘い。


行けるかなと思っていた
岡本太郎美術館も行かなかった。
エレカシの詩に出てきた井の頭公園も
行きたかったのだけれど行かなかった。

東京タワーへ行った。
ゆりかもめに乗ってお台場へ行った。
浜松町のポケモンセンターへ行った。

今回はそのほうが私も楽しかったから。

ポケモンセンターでは
魅力的な仕掛けがついている
センター限定のシャープペンがあったので
これをもう一人の兄である甥っ子と二人のおみやげにしよっか?
と言った。

こういう時。弟甥っ子はなんでか
「僕はいらない」
という。
遠慮しているわけではない。

素直じゃないんだな。

後でお兄ちゃんに渡してる時に泣いて欲しがるのは
目に見えている。

それを見越して、こういう時
お義母さんやダンナは二つ、同じ物を買う。

の、だ、が、

おばちゃんはね、いつもは甘いけどね。
こういう時だけは
いらん言うたら絶対に買わないからね。

欲しい物が目の前にあって
それを手に入れるチャンスがある時
ちゃんと、しっかりと大声出して
「欲しい」と素直に言えるようにならないとダメだと思ってるから。

「欲しそうだな…でも、ちゃんと『欲しい』って
言わないとあげないもんね」

って思ってる私みたいな
ケチな大人もたくさんいるんだから。

ちゃんとほしいものはほしいと
いえるようにならないと

だめ。



案の定。
後で甥っ子は
「僕のがない〜(泣)」と泣いた。

そんな泣き顔を見ていると
なんかかわいそうになってきて
「やっぱり買ってあげれば良かった…」
とかなり後悔した。
[PR]
by yasjiji | 2008-03-17 11:27
ぼくのはじめてきみのはじめて
e0037166_0344724.jpg東京へ行ってきました。
お義母さんと。
甥っ子と。
三人旅。

お義母さんは甥っ子に
はじめての新幹線と東京を見せたくて

わたしははじめての「岡本太郎の『明日の神話』」を見たくて。


e0037166_0383523.jpgさて、私は実は
恥ずかしながら
岡本太郎という芸術の事を
ミーハーな気持ちで
見ているに過ぎない。

岡本太郎の作品を見て
ものすごい衝撃を受けた人のことを
よく聞くのだけれど
その感受性が羨ましい程で。


さて、『明日の神話』
東京現代美術館の中、『明日の神話』は区切りのあるスペースで
展示されていて、

ああ、ここから先、いよいよ『明日の神話』だな
そんな感じのある区切りを曲がる。

うわーーー!!

でっけえーーー!!でけえよ!!


これを
たった一人で描き上げたんだと。
製作時期は大阪万博真っただ中。
太陽の塔の製作とほぼ同時期。

そんな太郎のエネルギーと
修復家の吉村絵美留のプロフェッショナルな仕事の軌跡
感動というよりもなんかただボーゼンとしていた。

帰り
ミュージアムショップのパンフの中の
岡本敏子さんの満面の笑顔の写真を見て
やっと、なんか、泣きそうになった。

e0037166_112514.jpg

最後の写真は甥っ子の撮った写真。
一瞬で通り過ぎた新幹線の窓に
カメラを構える自分の姿。

どうだった?はじめての新幹線。

ゆりかもめでは怖そうなおじちゃんが
一番前の席をゆずってくれた。

そういえば
東京はいい人がいっぱいいた。
[PR]
by yasjiji | 2008-03-16 00:36
青春の影
e0037166_16335463.jpg高校時代の
友人がまた一人、
夢を叶えたというので
同級生と篠山まで
見に行ってきました。


篠山口には彼のおヨメさんと
そのおヨメさんのお父様が迎えに来てくれていました。

彼は今日、窯を焚いているから
ちょっと離れられないとの事

そう。
彼は陶芸家さんになっていたのでした。

彼の家へ向かう車の中。
私たちはもちろんお互い初対面だったのだけれど、
車内はとても朗らかだったから、
今、彼がどういう空気の中でモノを作っているのかが
もうすっかり分かってしまって
私たちはニコニコするのでした。

中学生の時から
「陶芸家になろう」と思っていた彼は、
言葉通りの受難の道を歩いて来て
陶芸家になったのでした。

「受難の道」

言葉にしてたった四文字。

だけど

「今は笑って話せるけど」

耐え抜いた者だけに許されるその言葉が
彼のずっと歩いてきた道を表したような気がした。

そんな彼の器は今や
百貨店や、結婚式の引き出物カタログなんかでも
扱われていて、そこに写る彼の顔は
気取りもせず真正面を向いて、
高校の時とまったく同じ笑顔で写っていたものだから、
またみんなそれを見て笑っていた。

飯食っていけよー。
という彼の言葉に甘えると、
食卓には奥さんの美味しい手料理が、
彼の器に彩られて出てきたものだから

なんかしみじみとしてしまった。

e0037166_16341529.jpg彼の器が
これからもずっと
こんな幸せの場面とともに
ありますように。
[PR]
by yasjiji | 2008-03-07 16:38
ならはーと
お水取りが始まりました。
この時期にいつも思う

冬来たりなば 春遠からじ

っていう好きな言葉があるんですけど
これって、パーシー・ビッシュ・シェリーという
イギリスの詩人の詩『西風の賦 (西風に寄せる歌)』 の 末句

If winter comes, can spring be far behind ?

っていうのがモトなんですってね。
イギリス人とは知らなんだ。
ちなみに私は松本大洋の『花男』で知りました。

さてさてさて。それはさておき
お水取り、といえば奈良の観光客がどどーんと増える時期。
なのでそれを狙ってみんなに見てもらおうと、「奈良の行事」を
モチーフにしたポストカードをシコシコ作りました(´∀`)

e0037166_1420273.gif


ちょっと画像小さめですが、左上より
万灯籠・二月堂椿(お水取り)・燈花会・うちわまき
・奈良(鹿)・奈良町(庚申さん)・釆女まつり・
ゆりまつり・おん祭り
 の9つの行事を
すべてハートのモチーフに
託した、甘いめのデザインのポストカードです。うふ。

奈良町の『界』の奥にあるsilverwork TEEPE<ティピ>さんで
販売していただいています。

このTEEPEさん、シルバーと革細工が本職の友人のお店です。
オーダーメイドやシルバー加工もお任せ下さい、との事。
天然石も珍しいものが置いてあって、取り寄せも可、との事で、
私も、今そのめずらしい『メキシコオパール』を使った
私デザインのシルバーをお願いしているトコロです。楽しみ!

e0037166_14485245.jpg私のポストカードと
合わせて、
重ね重ね
ヨロシク
お願いいたしますです。




→今月号の『ぱーぷる』にも
載ってますので
ヨロシクどうぞ!






追記:なんかここ2・3日
奈良遷都祭のキャラクターが大盛り上がり(笑)
キャラクターの可愛さには意見もあれど、奈良人としては素直に
この空気がなんか、めっちゃ嬉しい(笑)







e0037166_2133369.gif
↑クリックいただけるとうれしいです(´∀`) 人気ブログランキングへ
[PR]
by yasjiji | 2008-03-01 14:10


Top

上村恭子です。奈良の最北端から最南端へ。最近はtwitterでのつぶやき多めです。
by yasjiji
カテゴリ
全体
お知らせ
こんなお仕事しました
フルコトばなし
イベント案内・報告
イラスト
未分類
HPはコチラ
戯れ童子
http://space.geocities.jp
/yasjidoukan/

ギャラリーなどございます。


やすじじonツイッター
http://twitter.com/yasjiji

最新情報等はコチラで告知することが多いです。よろしくお願い致します。
以前の記事
ツイッター
フォロー中のブログ
検索
画像一覧


Skin by Excite ism