<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
わざわざ行く程でもないと思っていた場所
夏休みのある日。
遊ぶ約束がキャンセルになり
ぽっかり丸一日空いてしまった。

そこで

「わざわざ行くほどでもないと思っていたけれど
ちょっと気になってた場所ツアー」を実行した。

まず

e0037166_1342843.jpg◆奈良競輪場

昔、父に連れられて
よく競馬場に行った。
競馬場の子供用の公園には
近所の公園にはない
魅力的な遊具があった。

そして何より私はお父さんが好きだったので
お父さんと一緒に電車に乗るのがうれしくて、
競馬場のひなびた景色とともに
いい思い出として残っている。

しかし競馬場は今、すっかりキレイになったと聞く。
だけどそのあたりは奈良ぐらいの競輪場に行けば
そういうノスタルジックな気持ちになるのかもしれない
と思って
ちょっと気になっていたのだ。

この日は残念ながらレースはやってなかったが
小さなコースと観客席。あたたかそうな食べ物の匂い。
そしてモニターをぼんやり見上げるオジさん達。
70年代なデザインの看板やスロープに
すっかり嬉しくなったのだった。

そしてお次ぎは

e0037166_1353481.jpg◆石切駅

なんばに遊びに
行った帰り
程よく疲れながら
窓の外に目をやると
やたら夜景の綺麗な
場所がある。

そこが石切だ。


石切に降り立つとそこは予想通り
「耳をすませば」の世界であった。
ムーン(耳をすませばに出て来た猫)を追う気分で
下る。長崎や尾道のようだ。うーんすばらしい!!

ただ、戻る坂道はかなりツラかった…。

次は「じゃりン子チエ」の舞台になったという

e0037166_1493093.jpg◆萩之茶屋駅

実は私はじゃりン子チエが
ものすごく好きである。
この中の笑いのセンスも
かなり好きなのだが、
たまーに、ちょっとした
陰と切なさがそこに
加わるのがたまらなく、
そういう話の始まりに
よく「西萩駅」という場所が
あらわれる。


独特なアーチ状の高架下の
ちょっと暗い『萩之茶屋駅』を一目見たとたん
「あー!!西萩駅やー!!」と嬉しくなった。

単にそれだけです。

だけどヨシエさんが階段を下りてくるのが見えるようよ!!

…しかしこの周辺、立ち飲み屋や安宿などの立ち並ぶ
商店街になっているのだが、新世界付近よりももっと
ある意味魅惑的な雰囲気を漂わせている。

通行人はけっこういるのだが
…女性が一人もいない。
あ、いるんだけど大声で何か叫んでいるおばあちゃんとかだ。

昔、学生時代にこの辺りをウロウロした時は
ガラガラ声のおじちゃんに
「ええバイトあるで!!」と声をかけられたものだが
もうお声はかからなかった。
うーん。もうあかんのかー。

本当は飛田新地のほうも回って行きたかったのだが
もう日が暮れてしまったので、やめた。

最後に

e0037166_14254189.jpg◆三谷幸喜の
『マジック・アワー』

を見た。
伏線が綿密に
張り巡らされた
喜劇はすごい。


『マジック・アワー』の言葉は、写真をやっている
友人から聞いた事があった。
その時に一緒に見せてくれた写真がとても綺麗だったのと
「三谷幸喜」というのがどうしても繋がらなくて
「テレビでみればいいか…」ぐらいに思っていた。

しかし見てよかった。

わざわざ行くほどでもないと思っていたけれど
ちょっと気になってた場所は
行ってみると良い場所ばかりであった。
[PR]
by yasjiji | 2008-08-28 14:30
ポニョとなつやすみ
e0037166_10393551.jpgお盆休み、
みなさんいかがでしたか。
私は連日
遊びほうけておりましたとさ。


帰郷を一週間。
友人の誕生日パーティー
野球観戦をひとつ。
燈花会。散策。
そして映画をふたつ。

その内の一本は、観る前から
「ああ、これは泣いてしまうなあ」と危惧していた。

『崖の上のポニョ』の話だ。

案の定、映画がはじまる前の『ウォーリー』と
『パコと魔法の絵本』の予告で既にポロポロ泣いた。

涙腺がなんの準備か!
まだ始まってねえよ!
しかし涙は止まらない。なんでだ。年か。

さて、実は映画を観る前に食事した料理屋で、
三歳くらいの女の子が興奮した口調で『ポニョ』の話をしていたのを
横でコッソリ聞いてきたのだ。
拙い口調で、ほとんど何を言っているのか分からなかったが、
ものすごく面白かったんだな。
って事は分かった。

少し前に、宮崎駿監督が
「ポニョを子供の為に作ったのだけれど、
あんまり子供には受けてないのかな」と
心配しているという記事を読んだ。

しかし映画館の中はほとんど子供連れだったし、
上映中はずっとその子供達の笑い声に溢れたんだったし
「面白かったねー!」と口にする子も
一人や二人ではなかった。

私だって『面白かった』という感想に関しては
異論なしだったし、
個人的には
ジブリアニメには定番のアレが今回もちゃんといた事と、
あのアレなラスト。
そして可愛い可愛いアレ
が良かった。
特に後者は宮崎監督の
『ああ、本当に子供たちへ、思いを込めて作ったのだなあ』
という思いを感じて、涙が出た。

それにしても

甥っ子は、ポニョにでてくる宗介と
同じ5歳なのに宗介と比べるとずいぶん

よわむしで
泣き虫で
甘えただ。

それをお盆につくづく思ったのだが
まあどっちにしても子供は可愛いもんだね
[PR]
by yasjiji | 2008-08-20 10:48
お盆休みのお知らせ
e0037166_9411898.gifお盆の期間の
11日から17日迄
旦那の実家に帰省しますので
パソコンのメールの返信等が
滞ります。
ご了承下さいませ。

携帯もほとんど通じません。

明日から甥っ子と
遊びまくります予定です。
みなさん、豪雨と水際には
気をつけてよいお盆を。
私も気をつけます。

写真はインベーダーゲームではありません。
燈花会です(笑)

私が撮った燈花会ですが何か?

本当の燈花会の様子を知りたければ
知人のブログの写真を見て下さい。おすすめ。
今年もエクセレント。

在心日誌 
zaishin.exblog.jp

[PR]
by yasjiji | 2008-08-11 09:46
お盆
e0037166_0214483.jpg今年ももうお盆ですねー。
残暑見舞い申し上げます。

今回、全国の曹洞宗の
お寺で配られる、
お盆の冊子のイラストを
描かせていただきました。

目にする機会が
あったら、どうぞヨロシク
お願いいたします。


さて、このおなじみのお盆は、正しくは
盂蘭盆会(うらぼんえ:インドの古代語のウランバナに由来)と
言われるのだそうです。

各家庭では下の図のような
盆棚を用意するらしいのです。
でもこれほどまでのものは中々見た事ないですね。

昔、仏壇の端に綺麗な色でクルクル回っていた
灯籠の景色は好きでした。

お寺では施餓鬼(せがき)、または施食会(せじきえ)ともいい(※注)
盆棚としては「施食棚」というものを作ります。
たくさんのごちそうを並べて、下からでも上って来られるように
真菰の筵(すだれのようなもの)を敷くのが特徴です。

興味があればコチラ<ウィキペディア:盂蘭盆会>もどうぞ。
お盆の始まりの話です。
お釈迦様の十大弟子の一人
目連尊者のお話です。

e0037166_0215618.jpg


遠くはなれた親戚や家族等の再会も多い
この時期、
みなさんも楽しいお盆でありますように。

※注:施餓鬼(せがき)という名称は、施す者と、施される者の間に身分の違いがあってはならない、という考え方から施食会(せじきえ)の名称で近頃は統一されてるようです。
[PR]
by yasjiji | 2008-08-08 00:16 | こんなお仕事しました
風が吹くとき
e0037166_23135710.gifあれは小学生の
夏休みの時だった。

いつも行っていた図書館が
新しくピカピカになって
個別でビデオが
見られるという
視聴覚スペースが出来た。


「アニメもあるんだって」と友達が言うので
喜んで行ったがアニメと言ってもそんなに種類が
あるわけでなく、人気のものは中々見れず

結局私は
「アニメだし…これでいいか」と

『風が吹くとき』

という一本のビデオを見た。

それは表紙がちょっと暗いものの、スノーマンの作者が
描いたという、やわらかいタッチの
スノーマンと同じ可愛いまあるい顔した
夫婦のお話。


のどかな暮らしをしている夫婦。
夫は新聞を読み、奥さんはごはんの支度。
当たり前の風景。

ラジオは伝える

戦争がはじまったこと。

その戦争には
新型爆弾が使われるかもしれないこと。

戦場はそこから少し離れてるらしいのと
政府の準備したマニュアルが
お粗末だったせいもあって

二人の戦争に対する準備は
なんだかのんびりとしたものだった。

「もう!ドアを外しちゃって、どうするの?」
「ドアを壁に立てかけて、白いペンキを塗ると
シェルターになるって書いてあるんだよー。」
「ちゃんと後で直しといて下さいね!プンプン!」

とかそういったムードだった。



そして



風が吹いた。



何もかもを吹き飛ばす熱い風だった。



二人はそのお粗末なシェルターで難を逃れ
夫は「ほら、だから僕の言ったとおりだろう」
とかそんなのんきな自慢のひとつでも
言ったかもしれない。


しかし、そのあと
ゆっくりと
次第に


その可愛い夫婦の顔は黒くなって落ちくぼんでいった。

斑点が出来て

歯茎からは血が出て

髪の毛は抜け落ちていった。


あの可愛くて
どこにでもいそうな夫婦が
ひどい死に方をした。

たった一つの核兵器で。


その事が私はただひたすらショックであった。

ピカピカの視聴覚室には
もう行かなかった。

最近思い出したトラウマアニメのはなしでした。
[PR]
by yasjiji | 2008-08-06 00:12
田舎の日曜日とインスタレーション
更新がしばし途絶えました。

甥っ子が夏休みで遊びに来ていたからです。
自分も小さい頃、ずいぶんと親戚の家が
楽しい子どもだったものですから
自分自身も、その頃遊んでもらっていた
親戚のお兄ちゃんのようになるべく
なんだかんだと大サービスです。
「ワリオランド2」というゲームソフトのステージを
次々とクリアしては
尊敬のまなざしで見られるのが楽しい。

そういや昔、従兄弟のお兄ちゃんに
「ポートピア連続殺人事件」をやってもらったなあ。

さて、興奮冷めやらぬ岡山乙女ツアーの続きです。


e0037166_15121554.jpg素敵な時間が
流れていた小学校
『アーツ&クラフツビレッジ』
を後にして、
次に向かったのは
フランス映画の題名を冠した
『ホテル田舎の日曜日』さん

e0037166_1512287.jpg車から降りると
草の匂いと
花の匂い
それから風の匂いが
涼しく香ってきた。
それからとっても美味しそうな
あったかいごはんのにおい。


ここにはテレビもないしクーラーもない。
携帯電話の電波もほとんど入らない。

でも
たくさんの可愛い木のおもちゃと、趣味の良い版画の作品と
立派なオーディオセットとオルゴール。ジャズのレコード。

外国の小説に出て来たような健康的な材料で作られた美味しい
洒落たディナーとブレックファーストがあった。

そんなのんびりとした森の夜を
私たちは単純なカードゲームとおしゃべりで
ゆったりと楽しく過ごした。

次の日のブレックファーストは色とりどりのジャムが並び
たくさんの山桃が食卓を彩っていて、なんていうか
なんかもう完璧なブレックファーストであった。

e0037166_15125077.jpg
そんな完璧な朝食を終え
最後の目的地
「奈義町現代美術館」



この奈義町現代美術館
サイトの説明によると
<作品と建物とが半永久的に一体化した、美術館>と、ある。
つまりいつ来ても同じ作品(と、いうかもはや空間)がある
けっこう珍しい美術館なのだが

しかしさすが「なんじゃこりゃー」である。
陳腐な表現で申し訳ないが「変な夢のよう」としか言いようがない。
機会があればぜひ行ってたもれ。
まるくて反対で気持ち悪くて響く。あとすごく狭いとことかあります。


e0037166_1513275.jpg今回の乙女ツアーは
知らないところ
ばかりだった。
そしてすごく
素敵なところ
ばかりだった。

そんな素敵な情報や
お誘いを、かけてくれる人に
本当に
感謝感謝だと思う。

e0037166_15132041.jpg
かえりみち、
トラちゃん田んぼ
というトコロが
あるというので
寄ってみた。



なかなかどうして本気ですごいものだった。
阪神が優勝する頃(笑)緑の部分が金色になり
よりいっそう『トラちゃん』になるんだろう。
[PR]
by yasjiji | 2008-08-01 15:23


Top

上村恭子です。奈良の最北端から最南端へ。最近はtwitterでのつぶやき多めです。
by yasjiji
カテゴリ
全体
お知らせ
こんなお仕事しました
フルコトばなし
イベント案内・報告
イラスト
未分類
HPはコチラ
戯れ童子
http://space.geocities.jp
/yasjidoukan/

ギャラリーなどございます。


やすじじonツイッター
http://twitter.com/yasjiji

最新情報等はコチラで告知することが多いです。よろしくお願い致します。
以前の記事
ツイッター
フォロー中のブログ
検索
画像一覧


Skin by Excite ism