メルヘンと行く終わりかけの夢の国へ
e0037166_21543450.jpgみなさんは奈良ドリームランドという
遊園地をご存知だろか。
奈良人なら1度は遠足なんかで
必ず訪れた事がある遊園地である。
夏には家の二階から「ドリームランドの花火」
見えた想い出があったり、何かと
想い出深い遊園地だった。

そのドリームランドが8月いっぱいで
45年の歴史に幕を閉じるという。

45年前、昭和36年。
1人の日本人が
「日本にもディズニーランドのような遊園地を!」
という夢と希望でつくりあげた夢の国テーマパーク
ドリームランド。
そう。ドリームランドは日本におけるいわゆる
高度経済成長のまっただ中のあの時代に、
ディズニーランドに憧れて作り上げた
イーハトーブだったんだ、
という事が
分かるとほら、なんだかもう湿っぽいでしょ。
なんだか寂しいかぎりでございます。

と、いう事で行ってきましたよ。
終焉へと向かう夢の国へ。

その日はおあつらえ向きのせつない天気。
入り口近くのコンビニでおにぎりを購入。
同行人も「クスリ飲まなきゃならないから」
おにぎり購入。

おクスリ?

そう彼はメルヘン君なんです。
そう、メルヘン君と終焉へと向かう夢の国へ。

そんなドリームランドは入り口からもうすでに
寂しい雰囲気。
いざ、入場券を買おうとすると、

「申し訳ございませんー本日は
貸し切りで休館でございますー」


ぎゃーーーーー!


しかしあと15分程お待ちいただいて
幼稚園のお子様達と一緒でよかったら
入ってもいいけど…。との事。

待つ。

で、待ってる間におにぎり食いながら
心の風邪のおクスリを見せてもらう。
「あ、デパスって聞いたことある。」
「こっちのほうが強いの」



あんたら夢の国の入り口で何してるんだと思いながら。

つづく。のでしょうか
[PR]
by yasjiji | 2006-07-14 22:38
<< 短調亭日乗〆夢日記 人から人へと >>


Top

上村恭子です。奈良の最北端から最南端へ。最近はtwitterでのつぶやき多めです。
by yasjiji
カテゴリ
HPはコチラ
戯れ童子
http://space.geocities.jp
/yasjidoukan/

ギャラリーなどございます。


やすじじonツイッター
http://twitter.com/yasjiji

最新情報等はコチラで告知することが多いです。よろしくお願い致します。
以前の記事
ツイッター
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism